太陽光発電設置後のメンテナンスの工夫

 

2013.12.16発行の全国賃貸住宅新聞に、太陽光発電設置後のメンテナンスを行う際の点検費用を抑えるための工夫についての記事が載っていました。

 

 

例えばボルトが緩んでいないか点検する際に、太陽光発電を設置する段階で目印の線を引いておきます。こうすることで点検の際は線がずれていないかをチェックするだけで済みます。

 

 

ボルトが外れていないか、緩んでいないか一つずつ点検するよりも一目瞭然で分かるため、点検費用が抑えられるのです。他にも、設置後に草処理の必要が無いように防草シートの導入するなどの工夫もあります。

 

 

管理人は現在、50Kwhの太陽光発電施設を自主導入することを計画しているので、このような些細なことも参考になるのです。3月中の売電開始を目指しています。

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター