資本は心の拠り所

 

先日、本屋さんでいつものごとく速読して、購入するに足る書籍を探していました。その日に印象に残った書籍に茂木健一郎さんの金持ち脳と貧乏脳がありました。

 

 

 

 

内容的には目新しいことはあまり無かったですが、平易で読み安い書籍でした。ひとつだけ印象に残った部分があったので意訳させていただきます。

 

 

人間の心は、不安定を嫌い安定を欲します。経済的な安定を得る唯一の方法は、”資本”を蓄積することです。尚、ここでいう”資本”とは、①貯金 ②人脈 ③仕事上の特技・知識・経験 です。

 

 

一般的に金銭的に困窮するほど、新しい事を考えたりチャレンジする能力(=心の安定性)が損なわれます。心の安定性を保ち、新しい事にチャレンジする能力を保つには、①貯金 ②人脈 ③仕事上の特技・知識・経験などの”資本”を蓄積するしか方法がありません。

 

 

富裕層に到達するためには新しい事にチャレンジし続けることが重要ですが、そのためにはこれら3つの”資本”を蓄積する必要があるのです。②や③は抽象的なので分かりにくいですが、①はストレートに金額が把握できるので、最も心の安定が得安いです。

 

 

管理人は、現在の上げ潮相場では全く投資活動を休止しています。このため、「もしかしたらどんどん資産価格が上昇し続けて何も買えなくなるのでは?」という焦燥感に苛まれることが多いです。

 

 

今までは「今動くと負ける可能性が高い」というマイナスの感情で現金を放置していましたが、今後は新しい事にチャレンジする際に心の安定を保つための材料としてプラスの感情で現金を積み上げようと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター