賃料下落傾向では消費税非課税が最善

 

いよいよ、今年の4月から消費税が8%に増税されます。これに伴い住居系家賃が非課税であることの問題を提気する動きが活発化しています。家主的には仕入れが課税にも関わらず、家賃が非課税ではたまったものではありません。

 

 

しかし、それなら家賃も課税にすれば良いのか?というと、そう物事は簡単ではないと思います。なぜなら賃料の下落傾向が続く中では、家賃が課税になっても増税分を転嫁できない可能性が高いからです。

 

 

下手に課税になると、家賃に転嫁できないにも関わらず消費税の納税義務も新たに発生して家主に大きな負担になる可能性が高いからです。家主にとって最良の税制は、家賃が非課税のままでのインボイスの導入でしょう。

 

 

インボイスが導入されると、仕入れでの消費税課税が還付されるので、家賃を課税にするまでもなく問題は全て解決されます。非課税業界へインボイスが導入されることを期待したいものです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター