ビットコインがエライことになってます!

 

昨年からビットコインについて注目していましたが、25日に東京に本拠地のあるマウント・ゴックス(Mt.Gox)が取引を停止したため、ビットコイン価格が急落しています。以下、日経新聞の抜粋です。

 

 

 

 

インターネット上で流通する仮想通貨ビットコインの価格が25日、急落した。2つの主要取引所の売買価格(平均)は一時、1ビットコインあたり420ドル前後と下落率が前日比で20%を超えた。

 

東京都内の企業が運営する取引所大手「マウントゴックス(Mt・Gox)」が25日に全面的に取引を停止した影響が出た。政府は26日、実態の把握に向けた情報収集を始めた。

 

海外を中心に数十万人の会員を擁するマウントゴックスは米東部時間の25日午前(日本時間26日未明)、ウェブサイト上の英語の声明で「顧客保護のため全ての取引を当面停止する」と述べた。取引停止の経緯など詳細には言及しておらず、ビットコイン取引への警戒感が強まったことが価格急落につながった。  

 

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は25日、ニューヨークの連邦検察がマウントゴックスをめぐる問題の捜査に着手したと報じた。同検察がマウントゴックスに召喚状を送り、書類の保全を命じた。  

 

マウントゴックスは技術的な問題を理由に、2月上旬にビットコインの引き出しを一時停止。同社に預けた資産が凍結された状態の会員の間で動揺が広がっていた。米欧メディアによると、発行済みビットコインの約6%(直近の価格で約400億円相当)が同社の取引所内にあるという

 

 

 

 

昨年の夏ごろには、あれほどもてはやされたビットコインですが、大手取引所であるマウント・ゴックスの事実上の消滅によって重大な局面に立たされているようです。

 

 

一旦このような混乱が発生すると中央銀行のような管理者の居ない仮想通貨は脆弱さを露呈しました。国家の枠組みさえ変える可能性のある仮想通貨ですが、今後の動向に注目したいと思います。

 

 

尚、従来型の資産であれば絶好の買場である可能性が高いですが、何の資産的な裏づけも無い仮想通貨なので、さすがの私も逆張りで買いに向かうことはできそうにないです。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター