船頭多くして船山に登る

 

不動産の売買交渉の際に、当事者能力に乏しい方が売主様になるケースがあります。さまざまな理由があって売却することになるのですが、明らかに取引金額と当事者の能力の間に乖離があるのです。

 

 

一般の方が高額の不動産取引をする機会はめったに無いことを差し引いても当事者能力に欠ける方との取引は神経を使います。通常は不動産仲介業者様が間に立って各人の調整をしますが、売主様の意向が彼らのブレーン(?)に左右され過ぎてやりにくいのです。

 

 

ブレーンとして弁護士や税理士が登場するケースがありますが、困ったことに全体を把握して交渉に参加するわけではないのです。彼らは自分の専門分野に関してのみ意見するので、彼らの話しを全て受け入れていると全体としての交渉が成立しないのです。

 

 

このような困った売主様は端から見ているとおもしろいのですが、一旦当方が買主サイドに立ってしまうと難敵に化けます。あまり真剣に付き合い過ぎると交渉が決裂してしまうので、ほどほどの間合いを取りながら不動産仲介業者様に任せるのが無難だと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター