有価証券で流動性資産を確保する問題点とは?

 

含み益資産評価の盲点 のつづきです

 

 

管理人の場合、有価証券の含み益が約100%です。例えば500万円で購入した株式が1000万円に値上がりしたとすると、個人の譲渡益に対する税率が20%なので、譲渡益課税額は100万円となります。

 

 

つまり、税金を加味すると時価総額の90%しか実際の現金として利用できないのです。これは簿外の負債を抱えていることと同義です。

 

 

相続に際して、相続税部分を簿外の負債として計上することを失念していることが問題になりますが、これと同様のことが含み益を抱えた金融資産にも当てはまるのです。

 

 

このようなことを検討した結果、当たり前のことなのですが今回の土地購入にあたっては銀行融資を利用した方が有利だという判断に至りました。難しい交渉になりそうですがベストを尽くしたいと考えています。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター