脇田雄太さんの投資手法

 

少し前の全国賃貸住宅新聞(2014.2.10)に激安投資で有名な脇田雄太さんのセミナーレポートがありました。脇田さんは2つの不動産投資方法を利用したそうです。

 

 

1つはフルローンを用いた中古RCマンション投資で、もうひとつはボロ物件へ自己資金での投資です。フルローンのメリットは融資を使って一気に規模を拡大できることです。

 

 

一方、フルローン投資のデメリットは仮に全空になっても月々の返済費と高額の固定資産税が掛かることです。この点では自己資金でのボロ物件への投資は返済は無く、また固定資産税も安価なことが多いです。

 

 

ボロ物件投資の目的は、毎月のキャッシュフローをいかに低コストで構築できるかという点にあり、自己管理や直接発注を徹底してコストを削減する努力が必要です。手間と時間はかかりますが、掛けた分だけ利回りに反映することもボロ物件投資の魅力です。

 

 

不動産投資のリスクは、建物の古さや立地の悪さが挙げられますが、最大のリスクはコストだそうです。一度かけてしまったコストは将来的に必ず回収する必要があるので、リフォーム代や管理費用は物件価格に対しても極力抑えることが大事です。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター