あまり考え過ぎない!

 

繁忙期も終盤に差し掛かっていますが、まだ決まらない部屋が3部屋あります。もう空室になって1ヵ月近く経過しているのですが、まだ入居申込が入りません。更に事務所の空きスペースも1フロアあり、こちらは3ヶ月も空いています。

 

 

不動産賃貸ビジネスでは満室経営が基本なので、空室があると非常に気になりますし、空室期間が長期化すると胃に穴が開きそうなほど焦燥感に苛まれます・・・。

 

 

あまり悩みすぎると精神衛生上良くないので、どの程度まで空室に耐えられるか、物件毎のキャッシュフローの観点から試算してみました。

 

 

自宅+駐車場: -67533円/月 → すでに赤字(満車でも赤字)

事務所物件1: -20658円/月 → すでに赤字(3/4で赤字)

マンション物件2: 35750円/月 → あと1室空けば赤字(5/8で赤字)

マンション物件3: 238720円/月 → あと5室空けば赤字(3/8で赤字)

 

 

その他の物件として貸地・貸家・区分がありますが、いずれも現金買い+満室(?)なので約37万円/月の家賃収入があります。不動産セクションだけみると返済額が85万円/月・現状のCFは約60万円/月なので、物件1と2が全空になってはじめてCFがゼロになります。

 

 

これ以外に給与所得・配当・太陽光発電・事業所得などがあるため、全物件の全室が空室になっても破綻は無さそうです・・・。しかし、頭では分かっていてもこの焦燥感は一体何なのでしょうか?

 

 

おそらく、生来の気の小ささと過去のトラウマがミックスされての結果なのでしょうが、常に不安に苛まれているので長生きしそうな気がしません(笑)。あまり考え過ぎないようにした方が良いなと感じました。

 

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター