何故このようなことを話題にしたのか?

 

借家人賠償責任保険は重要! のつづきです

 

 

何故このようなことを話題にしたかというと、最近資力のある方が借家人賠償責任保険に未加入だった(!)という驚愕の事実が私の周囲で続いたからです。

 

 

何を隠そう、そのうちの1人は私の弟でした(笑)。彼は小売業を営んでおり経営は順風満帆です。当初、店舗の連帯保証人は父親だったのですが、年齢的な問題で契約更新時には連帯保証人を私に変更してもらえるように大家さんから打診があったようです。

 

 

身内といえども連帯保証人を引き受けるからにはそれなりのリスクの洗い出しを行う必要があります。その一貫として借家人賠償責任保険の補償金額を訊いたところ、「大家の火災保険でカバーされているから、賃借人は火災保険に入る必要が無い」という驚愕の返事だったのです・・・。

 

 

もちろん、火災発生時には修繕費用は全て弟に求償されるので、店舗を失った弟は支払することが不可能となり破綻する可能性が高くなります。そしてその尻拭いを連帯保証人の私がすることになるのです。

 

 

この事実を弟に告げたところ、さすがに青ざめていました。表面上は順風満帆だったのが、数万円/年の借家人賠償責任保険をケチったばかりに実は砂上の楼閣だったのです。

 

 

幸い火災は発生していないので笑い話で済みましたが、同様の事例は案外多そうです。親族の連帯保証人になっている場合には、一度このあたりの確認をしておいた方が無難かもしれませんね。

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター