NISAってどうなの?

 

2014年度からNISAという個人投資家のための税制優遇制度が始まりました。NISAは少額投資非課税制度の愛称で、制度のモデルである英国のISA(Individual Savings Account)に日本の頭文字「N」を加えたものです。

 


通常、株や投資信託などで利益を得ると税金がかかりますが、NISAを利用すると税金がかかりません。もちろん無制限ではありませんが年間100万円まで運用可能で、投資から5年以内に得られた利益が非課税となります。これが5年間続くので、最大500万円まで資金を投入できます。

 

 

一見有利な制度に見えますが、イザ自分でNISAを利用すると思うと致命的な欠点があることに気付きました。最長の投資期間である5年を経過した時点で評価損が発生していると、損益通算や損失の繰越ができないばかりか、「その時点の価格が取得金額」となってしまいます。

 

 

具体例を挙げます。100万円で購入したA株が、非課税期間終了時に80万円になっていたとします。このケースではA株の取得金額が80万円になってしまいます。その後値上がりしたので120万円で売却した場合には、40万円が譲渡益となり8万円の株式譲渡税がかかってしまいます。

 

 

本来ならば取得金額が100万円なので20万円の譲渡益となり、4万円の株式譲渡税のはずが、4万円も余分に株式譲渡税が掛かってしまいます。これだけ期間の縛りがあると、個人投資家唯一の強みである長期保有という武器を全く使えません。少なくとも本気で資産形成を志す個人投資家はNISAには近づかない方が無難でしょう。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター