住宅ローンを用いた戸建ヤドカリ投資

 

昨日は、物件見学会に参加してきました。あいにくの雨ですが、なかなか楽しいひとときを過ごすことができました。さて、昨日のテーマですが、表題のごとく「住宅ローンを用いた戸建ヤドカリ投資」でした。

 

 

これは、残債の少なくなった現自宅を賃貸に出して、新たに新築した物件を別の住宅ローンを用いて購入するという手法です。現在の住宅ローンをどうするかはケースバイケースですが、親の介護等のやむを得ない事情の場合には、そのまま従来の住宅ローンを継続利用することも可能なことが多いです。

 

 

定職に就いていれば住宅ローンは比較的簡単に融資がおりるので、投資利回り的に難しい案件でも非常に有利な条件で融資を利用することが可能となります。感覚的に住宅ローンの融資条件は、最優遇のプロパーローンとほぼ同等の好条件です。

 

 

年収500万円程度の会社員が利用する住宅ローンと、数億の資産を保有する年間キャッシュフロー数千万円の投資家の利用するプロパーローンがほぼ同等の融資条件であることに違和感を覚えますが、それだけ住宅ローンが極めて有利な融資であることには間違いありません。

 

 

以前から思っているのですが住宅ローンは国から与えられた一生に一度の贈り物なので、これを利用しない手はありません。何点クリアするべきポイントはありますが、金消契約を紐解くことで投資案件にも利用することが可能です。

 

 

このように非常に有利な住宅ローンを利用して、数年毎に自宅を買い換えていくヤドカリ作戦は、時間はかかるものの手堅い投資手法のひとつと言えると思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター