生命保険の掛け金贈与による節税

 

昨日の生命保険非課税枠活用した相続税節税対策と双璧をなす生命保険を利用した相続税の節税対策として、契約者・保険料負担者・受取人が相続人で、被保険者が被相続人のパターンがあります。

 

 

この場合、高額な死亡保険金であっても受取人の一時所得になるため、(保険金額-支払保険料-50万円)×1/2×(所得税率+住民税率)の税額に抑えることが可能です。

 

 

※ 平成27年度から所得税率+住民税率の最高税率は55%です

 

 

ポイントは、生命保険非課税枠活用した相続税節税対策と同様に、相続人が被相続人を被保険者とする終身保険に加入することです。

 

 

相続人が支払う保険料は、被相続人が毎年相続人に贈与することで賄われます。この際に贈与する資金にかかる贈与税がコストとなります。

 

 

保険料の贈与はいわゆる連年贈与にあたるという考え方もあるようですが、きっちり贈与税の申告を行っていれば連年贈与として扱わないと国税庁が明言しているそうです。

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター