住宅ローンで自宅を購入する戦略

 

そんな郊外で新築の自宅を買うの!? のつづきです

 

 

普段、私が不動産関係の会話をするのは基本的に大家さんもしくは不動産投資家なので、このような基本的な事柄を説明するのは初めての経験でした。私が説明したのは主に下記のようなことです。

 

  • 不動産の価値は収益還元法の影響を強く受ける
  • つまり不動産の究極の価値は、得られる賃料の多寡で決まる
  • 一般人に販売される新築戸建や新築マンションには業者の利益がたっぷり乗っている
  • 新築を購入した途端に10~20%の評価減となり、建物部分の経済的価値は20年ほどかけて”ゼロ”に近づいていく
  • 最後に残る価値は、土地部分のみ
  • このことから建物価値が”ゼロ”の物件を購入することが資産性を最も担保できる(=築20年以上の木造戸建)
  • 立地の2極分化が進行しており、不動産購入はより中心へ!が合言葉
  • 住宅ローンほど有利な条件で融資を受けるチャンスはほとんどないため、国からの一生に一度の贈り物と思うべき
  • 都心の優良立地の土地を長期固定金利の住宅ローンを用いて購入することで、日本円の現在価値を将来に渡って維持できるため、庶民ができる究極の資産形成と言える(※)

  ※ 23区内では金額的に庶民の手に届かないかもしれません

 

  • 購入するなら少し物件探しの視点を変えて、収益マイホーム購入を検討するべき

 

 

不動産投資家にとっては常識的な話ですが、職場仲間にとっては目からウロコだったそうです。「オレの買い物は間違っていたのか?」と新築戸建の彼がつぶやいているのが印象的でした・・・。

 

 

話をした甲斐あって、新築マンション購入は止めることにしたらしいですが、ではどのような物件を購入するべきなのかという問題が浮上しました。

 

 

こうなったら乗りかかった船なので、私に出会って運命が変わった(笑)と思ってもらえるように休み時間を利用して自宅選び講座を開くことにしました。

 

 

自宅選び講座開講! につづく

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    monnmonn (日曜日, 08 6月 2014 15:30)

    将来、現金一括でマイホームを購入する予定なのですが、
    住宅ローンで買ったほうが得なのでしょうか?その現金分で、なにか違うことをしたほうが良いという意味なのでしょうか?当方、不動産に関して、知識はないのですが。

  • #2

    zero-rich (日曜日, 08 6月 2014 22:22)

    コメントありがとうございます。その現金を株式等の他の対象で投資する際の利回りよりも、住宅ローン金利の方が高いのなら住宅ローンは組まないほうがよいでしょう。逆に住宅ローンの金利以上の投資案件があれば、住宅ローンを利用して手元キャッシュを温存するべきだと思います。

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター