自宅選び講座開講!

 

住宅ローンで自宅を購入する戦略 のつづきです

 

 

大学生の頃は家庭教師のアルバイトで荒稼ぎしましたが、他人に物事を教えるのは久しぶりの経験です。おそらく教えるテクニックがあるのでしょうが、そんなのは無視して自分の経験をトレースする形式で指導を開始しました。

 

 

まずは、物件の資料の見方から教え始めました。とりあえず新聞と一緒にやってくる不動産広告を毎日隅々まで目を通すことから始めました。

 

 

  1. 自分のターゲットのエリアを絞り込み、それ以外のエリアの物件は最初から無視する
  2. 新築戸建・新築マンションは全て無視

 

 

たったこれだけの条件設定で、8~9割の物件が除外されます(笑)。したがって、実質5分ぐらいで広告に目を通すことが可能となります。

 

 

この作業はターゲットエリアの相場感の熟成に役立ちます。ただ、広告の価格は売り出し価格の上限であることは説明しておきました。つまり、これ以上に高い価格で購入することはご法度だと注意したのです。

 

 

あと収益マイホームを狙うには、上モノ有りの売土地・売ビル・店舗物件にも注意を払う必要があります。一般住宅よりもむしろこちらの方をメインに見るようにアドバイスしました。

 

 

ここで相場感を養ってから本格的に業者回りとなりますが、そこに至るには、まだしばらく筋トレ(=物件情報を見まくる)が必要そうです。

 

 

 

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター