平成26年度の路線価の結果は?

 

昨日に全国の路線価(平成26年1月1日現在)が発表されました。管理人はいつも7月1日が楽しみです。自分の所有する物件の銀行評価の趨勢が判明するためです。

 

 

今年は東京、大阪などの都市部で地価上昇が顕著となりました。アベノミクス効果なのかかもしれませんが、不動産所有者にとっては喜ばしいニュースです。

 

 

さて、私の所有する基幹物件は6つです。対前年比での路線価の変化は上昇2ヵ所、不変3ヵ所、下落1ヵ所でした。上昇幅は2ヵ所とも3%強、下落幅は1.5%です。

 

 

上昇地点の物件の価格が高いので、総合的には所有物件の担保評価は増加しています。やはり自分の所有物件の中でも、都心に近い物件の方が有利であることが確認できました。

 

 

一方、下落している1物件に関しては25年連続で下落中のようです。この物件は郊外の物件ですが、まだ下げ止まらないことが恐ろしいです・・・。

 

 

やはり、路線価が上昇している物件は、都心に近くて好立地です。運営も本当に手間が掛からず、所有し続けることが非常に楽です。いずれも学生時代からの憧れの立地の物件でもあるので、このまま所有し続けたいと思います。

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター