女の子こそ、東大に行くべきでしょう

 

最近、銀行の担当者の方と会う機会が多いです。昨日も今月末決済予定の物件の融資実行の打ち合わせに、拙宅までお越しいただきました。

 

 

1時間ぐらい業務の話をした後にコーヒーを飲みながら世間話をしました。この方は私よりも少し若く30歳台前半の方です。いつのまにか内容が子供の教育の話題になりました。

 

 

自分の子供の教育について少し悩んでいるようで、私が教育についてどのように考えているのかを訊かれました。少し迷いましたが、正直に自分が思っていることを話してみました。

 

 

まず、子供が男の子と女の子で教育方針が異なり、男の子ならそこそこの学歴があれば、後は自分の力で勝負して欲しいと考えています。逆に女の子なら最高の学歴を追い求めるべきだと思います。

 

 

この理由は、日本社会では(欧米でもそうですが)まだまだ男女格差が残っているため、女の子がピンでこの世を渡っていくのは相当なハンディを背負っていると考えているからです。

 

 

女の子がこのハンディを跳ね返すためには、最高の学歴もしくは強力な国家資格が必要です。具体的には東京大学卒業という学歴もしくは医師免許取得が王道だと考えています。

 

 

この話をすると、たいてい「コイツおかしいんじゃないのか?」という反応をされます(笑)。しかし、プレジデントファミリーの記事にもありますが、高学歴女子は概ね幸せな人生を歩む人が多いです。

 

 

ただし、これにはひとつだけ重要なポイントがあって、大学入学と同時にそれまでの男の子に対する競争意識を完全に捨てて、女子力を向上することに注力するように意識改革することが必須です。

 

 

この劇的な意識改革を敢行できるなら、一般の女の子よりも幸せな人生を歩める可能性が格段に上がります。何と言っても周囲の男性は前途有望な人ばかりなので、女子力の高い娘ならまさに入食い状態なのです。

 

 

※ そうは言うものの、私は東大卒ではありません。

  説得力無いですね(笑)。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター