初の日本国債マイナス金利

 

今朝の日経で興味深い記事がありました。

マイナス金利が日本波及 短期国債、欧州から飛び火

 

 

新発3カ月物の国庫短期証券(短期国債)の利回りが10日に、証券会社などの業者間取引で一時マイナス0.002%と、初のマイナスをつけました。

 

 

欧州中央銀行(ECB)が6月に導入した新たな金融緩和策の影響が、日本の市場にも波及してきたため欧州の資金が日本の短期市場に流れ込んできたとのことです。

 

 

6月5日にECBは、銀行の余剰資金を貸し出しに向かわせるも気的で金融機関がECBに預ける余剰資金に手数料を課す「マイナス金利」政策を決めました。

 

 

しかし実際には欧州域内の短期の国債市場に流れ、1カ月物の独短期国債の利回りはマイナスに転じました。更に長期金利にも低下圧力がかかっているようです。

 

 

私は国債の金利は0%が最低だと思っていました。この考え方を前提に国債のショートの理論的な上限を計算していますが、根本的に考え方を改める必要があるかもしれません。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター