アマゾンのレビューにご用心

 

私は、書籍への投資を惜しみません。読書は、この世の中で最もコストパフォーマンスの高い投資行為のひとつだと思っているからです。しかし、むやみやたらと書籍を購入しているわけではありません。

 

 

お金が勿体ないというよりも、くだらない書籍に引っ掛かってしまうと時間が勿体ないと思うからです。このようなときに威力を発揮するのが口コミやレビューです。

 

 

私はアマゾンで書籍を購入するケースが多いので、アマゾンのレビューを参考にして購入の是非を決定します。アマゾンのレビューでは、☆☆☆☆☆ ~ ☆ の評価があり、☆☆☆☆☆が最高評価です。

 

 

各レビュアーが付けた☆の平均がトップ画面に表示されているので、その平均数値が書籍の評価の目安になります。ただ、最近ではこの数値が信用できないケースが多くなってきました。

 

 

この傾向は新刊でとくに顕著です。著者もしくはその関係者から依頼されたと思われる大量のサクラが歯の浮くような褒め言葉と一緒に☆☆☆☆☆を付けるからです。

 

 

このようなレビュアーの履歴を見ると、該当書籍しかレビューした実績が無いことが多いので、容易にレビューの真贋を判断できます。このような小細工を弄する書籍は駄本が多いので、私は極力購入しないようにしています。

 

 

この傾向は新刊書籍だけではなく、ネットビジネス系や株式・FX・不動産・蓄財などの投資系の書籍でも多いのが現状です。口コミも大事ですが、貴重な時間を失わないためにもステルスマーケティングには充分注意を払う必要があると思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター