地積更正登記は行うべきか?

 

今月末に決済予定の土地ですが、実測面積が公募面積よりも約10%も増えていました。面積が増えたことは喜ばしいことですが、地積更正登記をするべきか否かを迷っていました。

 

 

地積更正登記を行うためには約9万円程度の費用が掛かります。更に登記を行うことで、固定資産税が増加する可能性まであります。このため、当初はこのまま地積更正登記を行わないでおこうと思っていました。

 

 

しかし、銀行の融資担当者との話しの中で、銀行としては実測図は参考程度にしか考えておらず、最も重要視するのは登記事項証明書に記載されている面積であることが判明しました。

 

 

つまり、地積更正登記をしないと銀行の担保評価は全く増えないので、実質的な物件価値が上らないのです。このままでは絵に描いたぼた餅なので、早速地積更正登記の依頼をしました。

 

 

タイミング的には測量してすぐに登記しておかないと、再度測量を行う必要がでてきます。測量を行うこと自体が高価なので、まさに地積更正登記するなら「今でしょ!」です(古くてスイマセン)。

 

 

9万円ほど費用負担が増えますが、実質的に1000万円程度も物件価値が上るので、全く痛くない出費だと考えています。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター