返済金額を把握すると便利です

 

高額な価格帯の物件を購入する際には融資を利用するケースが多いと思います。そして、収益物件を融資を受けて購入する際には、月々の返済金額が重要な要素となります。

 

 

インターネット上でローンシュミレーターを金融機関各社が提供しているので、スマートフォンなどで簡単に計算することができます。ただし、融資金額から直感的に月間返済金額をイメージできる方が何かと便利です。

 

 

以下に私が採っている手法を記載します。まず、自分が融資してもらえそうな期間と金利を想定します。例として、期間30年、金利1.5%のケースを考えてみましょう。

 

 

ローンシュミレーターで計算すると上記条件で元利金等返済の場合、1000万円あたり34512円です。この数字さえ覚えておけば、融資金額が変わっても掛け算することで返済金額を瞬時にイメージできます。

 

 

仮に上記の条件で5000万円の融資を受けた場合には、34512円×5となり172560円となります。私は、この計算さえ面倒なので、自分が購入希望する物件の価格帯(=1億円)の数字である34.5万円を覚えています。

 

 

返済金額を瞬時にイメージできると、物件情報を見たときの心理的な障壁(この物件価格では返済が難しいのではないだろうか?等)を取り除くことができます。また、収益計算する際にも、おおよその収益性をイメージができるので非常に便利です。

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター