富裕層の海外資産は4億5000万円/人!

 

昨日のNHKで、日本人の富裕層が海外に持つ資産が少なくとも2兆5000億円に上ることが、国税庁のまとめで初めて明らかになったというニュースがありました。

 

 

海外に5000万円を超える資産を持つ人に対して、確定申告の際に海外資産の内容を申告することを義務づけた「国外財産調書制度」が今年から始まったことを受けて、国税庁がまとめたものです。

 

 

NHKニュースによると、去年末の時点で5539人が、海外に合わせて2兆5142億円、1人当たりにすると4億5000万円の資産を持っているとのことでした。これはあくまでも海外だけの資産です。

 

 

財産の種類別は、株などの有価証券が1兆5603億円と全体のおよそ62%を占めるそうです。海外だけで、これだけ多額の金融資産を所有していることに驚きました。

 

 

おそらく、今年の確定申告期限までに申告した方は、氷山の一角だと思われます。罰則規定と税率の観点から、どのタイミングで申告を開始するかを様子見している方が多いと予想されるからです。

 

 

これらの5000人の方に比べれば、国内の金融資産を合わせても3億にも満たない私は、まだまだ小さな存在だということがよく分かりました。もっと精進しなければいけませんね。

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター