若い女性に認められることは嬉しい!

 

先日の物件見学会の際に、物件を見学させていただいた方が非常に印象深いことをおっしゃられていました。その方の物件は築古木造戸建なのですが、今回はかなりいい感じにリフォームされました。

 

 

そしてリフォームの結果、新しい入居者が若い女性だったそうで、このことが「認められたようで嬉しい!」という感想を述べられました。参加したメンバーに笑いがおこりましたが、私も全く同感でした。

 

 

若年女性は、住居に対して最も要求レベルが高いと思います。やはり、住居は全ての生活の基盤になるものなので、安全性・利便性・住居の感性等で最高レベルのスペックが要求されるのです。

 

 

そして、若年女性が入居するという事実は、その厳しい選抜基準をくぐり抜けて自分の提供する物件が無事「合格」したことを意味します。これは自分の感性が認められたことになるので、非常に嬉しいことなのです。

 

 

入居者に貴賎無し(笑)ですが、現実には家主として入居して欲しい属性は厳然として存在します。私の住むエリアにおいては、若年女性は最高レベルの属性のひとつだと思います。

 

 

私の物件も、若年女性に選んでもらえるような素敵な物件に仕上げていきたいものです。尚、もちろんのことですが乙女乙女した媚を売るような物件を目指しているわけではありません(笑)。

 

 

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター