クレジットカード決済代行の比較

 

昨日の続きです。クレジットカード決済代行サービス①は、ゼウスなどの各種クレジットカード決済代行サービスです。メリットは、自社ホームページサイト内に決済システムを設置できることです。最大のメリットは顧客のクレジットカード情報を保有しなくても良い点です。

 

 

見た目もスムーズなECサイトになりますが、デメリットとしては初期費用と月額使用料等の固定費用(5000円~)です。加盟店側の手数料率は3.6~4.8%となり、クレジットカードの手数料とほぼ同レベルの手数料体系となっています。もちろん、顧客側にコストは発生しません。

 

 

②のPayPalですが、電子メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するアメリカの企業です。親会社は世界最大手オークションサイトeBayです。

 

 

メリットは初期費用・月額利用料・クレジットカードの手数料がかからないことです。費用は、PayPalの手数料3.6%+40円内のみとなります。更に30日以内であれば手数料無料で返金可能となります。デメリットは、日本での普及はイマイチなことと、顧客がPayPalの口座を開設する必要があることです。

 


③のインフォトップは、アフィリエイトサービスを備えたネット通販サイトです。アフィリエイトはもちろん商品販売・購入も無料で開始できます。メリットは商品のダウンロードページの送付まで自動化できることと、決済と同時に顧客へ商品を届けることが可能な点です。

 

 

デメリットは、1決済につき販売額の8.38%+トランザクション手数料96円+税 となり、①②と比べて手数料体系が高い点です。更に顧客がインフォトップの口座を開設する必要があることです。

 

 

それぞれ上記のような特徴がありますが、私は②と③を導入しようと思います。やはり、顧客に不自由な思いをさせるといけないですからね。


 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター