REITも短期的には天井か?

 

2014.8.18付けの日経新聞で「REIT連日高値、長期マネーの利回り選好」という記事がありました。以下、日経からの転載です。


 

 


東京株式市場が閑散を極める中、不動産投資信託(REIT)が気を吐いている。上場銘柄全体の値動きを示す東証REIT指数は6日続伸し、年初来高値を更新した。株式に相当する投資口価格の上昇で利回りは低下傾向にあるものの、世界的な金利低下で相対的な利回り妙味は消えず、中長期投資家の買いが入っているようだ。

 

 

中略



モルガン・スタンレーMUFG証券の大室友良アナリストは「賃料は上昇し始めたばかり。サイクル的に今後2~3年は上昇が続く見通しで、分配金の引き上げ傾向も続くだろう。(日本の)長期金利もあと1~2年ほどは低位安定が続く見通しで、REIT相場は当面、堅調な推移が見込める」と長期的な上昇を見込んでいる。

 


転載終了

 



 

天下の日経新聞とモルガン・スタンレーMUFG証券のアナリストが”買い推奨”するぐらいなので、順張りの短期トレードしている方は、そろそろ市場から降りることを検討した方が良いかもしれません。

 

 

予想を外すことにかけては凄い能力を発揮する日経新聞なので、このような予想記事を見かけたときは、メシの種が転がっているようなモノです(笑)。



もちろん、日経新聞の推奨とは逆のポジションを張る必要があります。私の経験上では、日経新聞の買い推奨よりも売り推奨の方がより強いシグナルである印象ですが、少なくとも日経新聞の推奨に従うことだけは避けるべきです。

 

 

まぁ、2008~2009年にかけて長期保有目的で大量のREITを購入した私としては、中・短期のトレードに興味は無いので高みの見物ですが・・・。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター