バフェットも現金ベタ積み

 

BLOGOSに興味深い記事がありました。「大幅に現金ポジションを増やしたウォーレン・バフェット氏」です。



詳細は、BLOGOSを参照いただきたいのですが、バフェット率いるバークシャー社が保有する現金は約550億ドルで史上最高水準に達しているのに対して、個人投資家が保有する現金ポジションは14年ぶりの低水準となっています。



記事の中では、バークシャー社が巨額の現金を積み上げているのは、次の買い場をじっと待っているためではないかと推察しています。もちろん本当のところは分かりませんが、現時点で魅力的な投資対象が無いことは理解できます。



私もいろいろな分野にちょこっとずつ頭を突っ込んでいますが、ほとんどの分野で投資できるタイミングでは無いと判断しています。最近、新規物件を購入しておきながら言うのもなんですが、個別色の強いローカル不動産マーケット以外にチャンスは無いと考えています(※)



※ もちろん、不動産価格も劇的に上昇していますが、相続案件の売りが断続的にあるのでチャンスがときどき転がっています。



別にポジショントークをしているわけではないですが、私もバフェット氏と同じようにめぼしい投資対象が無いので現金を積み上げている状況です。私にとってもまだまだ春(種を蒔く=投資対象を購入する時期)は遠そうな気がします。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター