数年に一度でも相場感は維持しよう!


私が最後に株式を購入したのは2013年の1月ごろです。ストック型銘柄への超長期の逆張り投資を戦略の要としているので、購入できるチャンスはめったにないのです。



このため、日々の話題はもっぱらトラブルが発生しやすい現物不動産となることが多いです。しかし、日本株式のチェックは毎日欠かさず行っています。



ウォッチしている数百の銘柄の終値を5分程度かけてざっくりと確認しているのです。この際に注意している点は、前日からの変化率です。特に下方に向かって変化が大きい銘柄に関しては、その理由まで調べておきます。



こうすることで、①現在の市場の動き ②相場感 ③チャンスの窓がどこかで開いていないか? をざっくり見渡しているのです。特に③のチャンスの窓をみつけることなどめったにないですが、常にアンテナを張り巡らせておくべきだと思います。



これは、株式だけではなく債権・外貨・不動産・貴金属・ビジネスのネタなど各方面に対しても同様です。さまざまな分野の相場感やチャンスの窓に対して常に注意を払うことが、めったに無いチャンスを拾う重要なポイントなのです。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター