となりの所有者から連絡が・・・

 

現在リーシングに勤しんでいる新規購入物件ですが、昨日に隣の所有者の代理人と名乗る方から電話がありました。「ムッ!何かクレームでも言ってきたのか?」と身構えていると、遠回しですが売ってもらえませんか?という電話でした。

 

 

「まだ買って1か月も経ってないんですけど・・・」と返事しておきましたが、坪300万円ぐらいだったら売ってもいいかな?と心の中で、捕らぬ狸の皮算用ですが利益の額を計算していました(笑)。

 

 

もし坪300万円で売れたら、1ヶ月で1億円の利益だな~という妄想を膨らませていましたが、残念ながら具体的な価格提示はありませんでした。まぁ、世の中そんなに甘くありませんね。

 

 

しかし、不動産オーナーはよく近隣の物件を見ています。普通の人は何も考えずに街を歩いているのでしょうが、不動産オーナーは散歩の途中でも常にお買い得な物件を無意識のうちに探しています。

 

 

成功しているビジネスオーナーは、散歩中に見つけた店舗の面積・販売価格・客数などから利益率を計算する習慣があるそうですが、不動産オーナーも物件価格・賃料・部屋数から利回りのシュミレーションを繰り返しています。

 

 

実際に私も不動産オーナー 兼 投資家なので、自分の投資エリア内であれば、物件を一目見ただけで概算の市場価格が分かります。そして、ちょっとでも市場価格よりも低い物件に出会うと俄然血が騒ぐのです。ここまで来るとちょっとビョーキなのかもしれませんね(笑)。


 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター