金融資産、ふたたび大台回復!


7月末の新規物件の決済の際の1000万円のキャッシュアウトが原因で金融資産の時価総額が大台割れしていましたが、8月29日終値での時価総額を計算すると再び大台乗せしていました!



これは、株式および外貨の日本円評価の上昇による追い風を受けたことが要因です。6月末の予想では、市場が凪状態の場合には大台回復は年末の予定でした。しかし、最近の好調な市場のおかげで1ヶ月だけの大台陥落で済みました。



来月には太陽光発電用地の決済が控えているため、再度大台陥落する可能性はあります。しかし今までの経験では、一度大台乗せすると慣性の法則が働き、何だかんだ言いながら大台はキープする傾向にあります。



まだまだ安定して大台をキープできる実力は備わっていないですが、大台越えの実績を積み重ねることで慣性の法則を引き寄せたいと思います。このような小さな積み重ねが後になって振り返ると大きな結果に繋がると思うのです。



現時点では、金融資産5億円越えの”超富裕層”まではなかなか遠い道のりです。仮に全ての物件を売却してもまだ届かないですが、越えることができないハードルではないと思うので、これからもがんばっていきたいと思います。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター