一括返済する利息が安すぎる!

 

いよいよ、日本政策金融公庫様から太陽光発電システムの融資実行をしていただくためにアクションを開始し始めました。既に9月末に融資実行することに決定しましたが、今回は現在法人で借入している4本のうち2本を一括返済して新たに借入する融資にまとめます。

 

 

現在の借入条件と残高は下記のごとくです。

① 2007年借入 600万円 2.6% 期間10年   → 残債1673608円

② 2008年借入 300万円 2.45% 期間7年 → 残債 200000

 

 

18日に一括返済予定なのですが、利息が①は2861円、②は322円なのです!融資金利は現在の水準では決して低くはないですが、返済が進むとこれほど安価な利息でお金を借りていることになるようです。

 

 

この利息金額を見てしまうと、返済するのがもったいない気になってしまいました(笑)。今回の一連の行為は、平たく言えば今回返済する約180万円を2週間後に15年融資でロールオーバーすることになります。

 

 

今回の太陽光発電投資は、可能な限り自己資金の比率を低くして、土地代以外の全てを日本政策金融公庫からの融資で済まそうと思っています。

 

 

自然災害リスクは損害保険、金利上昇リスクは全期間固定融資でヘッジするため、システム購入段階で20年間の収支がほぼ決定します。このため、自己資金を入れて単体での収支を安定化させる意味に乏しいためです。

 

 

今後はインフレに向かうことが予想されるので、全量買取制度での太陽光発電の未来は明るくないですが、ほぼほぼ損しないスキームなのでROIを高めることに注力しようと思います。

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター