接待ってどうでしょうか?

 

昨日から、東京に出張に来ています。”出張”とは言いつつも、実は、新幹線のグリーン車+日本を代表する某高級ホテルの宿泊代+タクシー代+懇親会(食事会)まで全ての旅費を、取引先が持ってくれています。

 

 

いわゆる”接待”ですね。接待という言葉にはダーティーなイメージが付きまといますが、私は公務員ではなく単なる一民間人なので、もちろん法律に抵触するものではありません。

 

 

今回は新製品の説明会を聞きに東京まで来たのですが、なかなか興味深い製品でした。唯一無比の製品ではなく競合している製品が複数あるのですが、同条件ならやはりこの企業の製品を購入すると思います。

 

 

経営者の方は徹底的に値段を叩いて、下請けからより安価な価格を引き出す選択をする方が多いと思います。しかし、その場は良くても長期的な観点では、お互いの関係を毀損する遠因にもなります。

 

 

したがって、そこそこ競合する商品がある場合でも、最後の一押しは”接待”などの気持ちを受け取って、お互いほど良い利益が出る範囲で妥協することも大事なのではないかと思います。

 

 

そういう意味で日本的な”接待”にも、それなりの意義があるのではないか?と個人的には思うわけです。

 


管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター