私は、ラガードです(笑)

 

イノベーター理論をご存知でしょうか?社会学者であるエベレット・M・ロジャースが提唱した、イノベーションの普及に関する理論のことです。商品購入への態度により、社会を構成するメンバーを下記の5つのグループに分類しています。



イノベーター(Innovators:革新者)

新しいものを進んで採用する革新的採用者のグループです。彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えています。全体の2.5%を構成します。



アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)

社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感で自ら情報収集を行い判断する初期少数採用者のグループです。「オピニオンリーダー」となって他のメンバーに大きな影響力を発揮することがあります。全体の13.5%を構成します。



アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)

新しい様式の採用には比較的慎重な初期多数採用者のグループです。全体の34.0%を構成します。



レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)

新しい様式の採用には懐疑的で、周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をします。全体の34.0%を構成します。



ラガード(Laggards:遅滞者)

最も保守的な伝統主義者、または採用遅滞者のグループです。世の中の動きに関心が薄く、流行が一般化するまで採用しません。全体の16.0%を構成します。中には、最後まで流行不採用を貫く者もいます。



マーケティングの世界では有名な理論ですが、私は常々自分のことを”ラガード”だと見做しています。例えば私の家にはテレビはありませんし、携帯電話もスマートフォンを購入する気はサラサラありません。



投資の世界で最も利益を得やすいはアーリーアダプター>イノベーターだと思います。逆に、レイトマジョリティ>アーリーマジョリティは絶好のカモです。一方、ラガードは消極的に利益を得る例があります。



普段の生活では笑い事で済ませることができますが、投資の世界では少なくともレイトマジョリティやアーリーマジョリティにはならないように、普段の生活から心掛けておきたいと思います。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター