オリンパスへの投資は妥当だったのか?


先日、某投資家希望の方とお話をする機会がありました。雑談の中で、2011年7月のオリンパスの粉飾決算事件が話題に上りました。当時、オリンパスは上場廃止の瀬戸際まで追い込まれました。



私の感覚では、オリンパスの行為は完全に”クロ”であり、上場廃止にならなかったことは全く理解できませんでしたが、高い技術と市場シェアの成せる技で官民挙げての擁護だったのでは?と思っています。



上場廃止の可能性が高まったため株価は暴落しましたが、現在では市況の影響もあり、当時の3倍程度に株価は上昇しています。この方からオリンパスは購入しておくべきだったのか?と質問されました。



私の答えは”否”です。確かに私は逆張り投資家なのですが、個別株を購入する際には、株価下落の原因を考えます。購入を検討する優先順位は下記のごとくです。



  1. 世界経済の危機が原因
  2. 日本経済の危機が原因
  3. 個別業界の危機が原因
  4. 個別企業のスキャンダルが原因
  5. 個別企業の経営危機が原因



最も安心して株式を購入できるのは①です。これは世界経済は米国を含めた複数の国家レベルでの担保がなされているからです。②も日本という国家の担保が得られているため①には及ばないものの安心できます。



③になると、慎重に業界の動向を検討する必要があります。少し昔では消費者金融業界、最近ではマスコミ業界など産業構造の変化による業界自体の縮小・消滅する可能性があるので注意を要するでしょう。



④と⑤は、業界でさえない個別企業の問題なので、実際的には何の担保も得られていません。もちろん、オリンパスのように復活(?)する企業もありますが、投資の観点からは完全に博打だと考えています。



つまり、個別企業の経営危機やスキャンダルに起因した株価下落は、”投資”ではなく”投機”なのです。私は投機を行う意志はないので、このような銘柄には積極的には近付きません。



この意味でETFなら株価の下落が発生しても、少なくとも①~③に収まっているので、④や⑤で引っかかる可能性が無く安心できる投資対象と言えると考えています。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター