外貨投資に対する私見

 

円安の流れが続いています。2014年上半期は、海外からの配当などの所得収支も含めた経常収支までもが約7400億円の巨額赤字でした。これは高度経済成長期以降は無かった現象です。

 

 

為替相場は変動相場制に移行して以来、ずっと円高の流れでした。しかし、昨今の円安の流れは、歴史的にみても大きな転換点を迎えている可能性があります。

 

 

本当に為替相場の流れが円安にパラダイムシフトしたのであれば、どのようにして円売り外貨買いを敢行するべきなのでしょうか?今日はこの話題についての私見を述べてみたいと思います。

 

 

まず、現時点で外貨に投資する手段としては大きく分けて下記の手段があります。

 

  1. FX
  2. 現物の外貨(外貨預金)
  3. 東証に上場している海外ETF
  4. ゴールド(金)の現物もしくはETF


 

円安の流れに乗るために最も手っ取り早いのは①のFXであることは論を待ちません。感覚的にストレートに外貨に投資できる(と錯覚しているだけ?)メリットと、少ない資金で投資できる(=レバレッジを利用できる)ことが魅力です。

 

 

しかし、一本調子に相場が一方向に動くことはあり得ないので、どこかの時点で必ず一時的には円高に振れます。その揺り戻しの際に、巨大なポジションをハイレバレッジで張っていると市場からの退場を余儀なくされます。

 

 

また、2000年台半ばまでは円と外貨の金利差が大きかったので、スワップポジションを取ることができましたが、今では外貨も金利が低いのでさほど大きなスワップポジションを得ることができません。

 

 

外貨の現受けして海外の証券会社に送金して株式を購入するという選択肢もありますが、東証に多数の海外ETFが上場している現在ではメリットに乏しいです。このため、FXへの投資(投機?)は、純粋にキャピタルゲイン狙いとなります。

 

 

これらのことを勘案すると、急激に為替相場が動いたときにでも機動的に資金を投入してロスカットを回避できる体制を維持できるのなら(=どこかに円の現金をプールしておく)、少ない資金で円安の進行をヘッジでいる手段としては選択肢のひとつだと考えています。

 


外貨投資に対する私見2 につづく



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター