もうすぐ完成!野立式太陽光発電


今週は晴天に恵まれているため、野立式太陽光発電設備の建設が急ピッチで進んでいます。容量は低圧電力上限の49.5kWhの予定です。今回のプロジェクトが始まってから早10ヶ月が経ちました。





今までに要した10ヶ月のうちのほとんどは、農地から一般の雑種地への転用のためにかかった時間です。実際、農地転用はかなりハードルが高かったです。



農地のまま野立式太陽光発電を行うケースや、ソーラーシェアリングなどの選択枝もありましたが、遵法性の確保と投資効率から時間はかかっても農地転用してから太陽光発電設備を建設することにしました。



一般的には太陽光発電業者から分譲されている太陽光発電設備を購入するケースがほとんどだと思います。しかし、これでは分譲業者さんにかなり利益を抜かれてしまうので、今回は自主導入となりました。



もちろん、太陽光発電設備導入の最大の目的は法人の利益を消すための一括償却狙いです。この目的からすると、あまり安価に導入しすぎると償却額が少なくなってしまいます。



しかし、いくら節税対策と言っても無駄なお金を使うわけにはいかないので、導入の段階では徹底的にコスト削減することにしました。机上の計算では12%、実際には15%ぐらいで回れば良いなと考えています。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター