成功者から学ぶ、成功の極意?

 

私は給与所得者でもありますが、私を雇っている会社のオーナーは御歳80歳です。この方は裸一貫でこの企業を創業された方で、今や従業員が500名を超える大きな企業となっています。

 

 

時代背景が違うと言えばそれまでですが、やはり1代でここまでの企業を育てられた方は学ぶべきことがたくさんあります。私は常日頃からこの企業の経営方針を観察しており、下記のような点に注目しました。

 

 

  1. 事業を拡大する際には、本業に関連する事業を選択している
  2. 複数の収益源がある
  3. 会長は80歳になってもまだ事業の現場に出ている
  4. コスト意識が徹底している(壊れるまで使う)

 

 

①や②は一般的に成功している企業でよく言われている特徴です。やはり1本足打法は不安定なので、複数の収益源を求めてアメーバのように関連領域に触手を伸ばしていきます。

 

 

それよりも私が驚くのは③と④です。すでに巨大な資産を築いているにも関わらず、80歳になってまで現場に出ることは並大抵ではありません。アーリーリタイアを考えている私とは次元が違い過ぎます。

 

 

あと、④も徹底しています。これだけ規模の大きな組織(非上場ですが、売上等は東証2部程度の規模はあります)にも関わらず、コピー機1台購入するだけでも会長の決済が必要です。

 

 

あと、めったなことでは機器を購入しません。笑ってしまうぐらい古い機器ばかりで、節約志向で現実主義のこの私が閉口してしまうほどですが、この企業の収益性はバツグンです。

 

 

現在は、会長の長男が社長に収まり事業継承の真最中ですが、周囲の従業員もやはり会長と社長の実力差を比べてしまいます。社長もがんばってはいるのですが、実績面では全く比較にならないのです。

 

 

この創業者一族は数十億~百億円規模のビジネスを展開しており、数億円程度の私とは全く違う世界の住人です。しかしその姿勢には学ぶべきところがたくさんあり、密かに私は会長の隠れファンなのです(笑)。

 


管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター