ふるさと納税の票読み


11月も後半となり、今年も早1か月ちょっとになってしまいました。本当に月日の経つのは早いものですね。この季節は12月決算(!)である個人所得・住民税の票読みをするべき時期です。



サラリーマンの方には意味が分からないかもしれませんが、小さな家内経営の会社や個人事業主にとって、税の支払いを最小限にするために自分や家族への給与を調整するべき季節なのです。



この際に最も重要なことは個人所得税の「課税所得金額」をいくらに設定するかです。課税所得金額こそが全ての税率の基本であり、最も分かりやすい目標設定のための指標だと思います。



私も自分の課税所得金額をいくらぐらいに調整するかを、エクセルを用いてシュミレーションしています。私の場合、給与所得の割合も結構大きいので、自営業者のようにフリーハンドというわけではありません。



比較的大きな制約の元、費用計上と資本支出のバランスを考えながら課税所得金額を詰めていきます。しかし、最後はどうしても顧問税理士との相談になるので、課税所得金額のメドも2~3百万円の幅があります。



課税所得金額の幅は、ふるさと納税で言うと2~3万円の幅になります。たかが2~3万円ですが無料でいただける特典なので、我ながらセコイと思いながらも、正確に上限額を計算しにいってしまいます(笑)。



このように課税所得金額をシュミレーションすることで、できるだけ正確にふるさと納税の票読みを行っていますが、今年はどうも昨年よりも5万円ほど上限が高くなりそうです。



残り約1.5か月なので、我が家の「ふるさと納税担当大臣」に昨年よりも5万円分多く寄付するように伝えたところ、「もう、とっくにサザエの詰め合わせを頼んでるわよ」とおっしゃられました・・・。



忙しい中、めんどくさいのにいろいろとシュミレーションして弾き出した寄付金額を、感覚だけで先回りして寄付するとは「ふるさと納税担当大臣」おそるべしです・・・。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター