10年超の長期火災保険が不可に!

 

先日、先輩大家さんから平成27年度の秋から超長期の火災保険が無くなってしまうという情報を教えていただきました。ネットで調べてみると、たしかに有りました・・・。

 

 

火災保険、10年超引き受け停止へ 損保大手来秋にも 

自然災害増加で収支悪化



自然災害が多くなってきているので、保険会社もリスクを背負いきれないということでしょう。保険料を上げる代わりに保険期間を短縮する方が、われわれ消費者サイドとしても喜ばしいことです。



ここで終了したら「ふ~ん、そうなんだ」ですが、不動産賃貸経営者ならここで終了させてはいけません(笑)。この先輩大家さんがおっしゃられるには、期限までに長期契約に巻き直すべきとのことです。



一般的に保険契約は長期なればなるほど割安になります。例えば住宅ローンなどでは35年という途方も無い超長期契約が可能ですが、この場合には1年あたりの保険料は激安です。



もちろん、契約時に一括で保険料を支払わなければならないのですが、この点さえクリアできれば、あとはほとんどデメリットがありません。特に投資家系の方の場合には下記のようなメリットがあります。



例えば35年間の火災保険契約を掛けている物件を購入後5年ほどして売却した場合、当初支払った保険料の全額に近いぐらいの保険料が返ってきます。



つまり物件保有期間が数年程度なら、ほぼ無料で火災保険を掛けることが可能なのです。この間に何らかの事故が発生して保険料以外に見舞金が出ると、無から有が生まれるという信じ難い状況になります。



これは、全所有物件で超長期の火災保険への契約変更を実行する必要がありそうです。このあたりの知識の有無は、不動産賃貸経営の安定度にかなり大きな影響を与えそうですね。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター