35年の超長期火災保険に巻き直し


先日、平成27年10月以降は10年超の長期火災保険が無くなるという話をお伝えしました。今日はその続編なのですが、保険代理店に連絡して所有物件の火災保険を35年契約に巻き直す手続を行いました。



RC造の1棟モノ物件の火災保険を契約期間35年にすると、年額5万円程度の火災保険が同条件で110万円になりました。単年度あたりの保険料は1年契約の70%弱程度の計算になります。



この保険料で、不測突発・水漏原因調査費用・電気的機械的事故・施設賠償・敷地内設置物特約などの有用な特約をフルスペックで附帯しており、35年間もの安心(?)を享受できます。



現時点では保険特約の有利さに気付いていない大家さんが多いのでそれなりに回っていますが、特約を利用する方が増えるに従ってどんどん消費者不利な内容に改悪していくことが予想されます。



もちろん、35年もの間に物件を売却したり、保険会社が倒産・合併している可能性は高いですが、現在のお得な特約を超長期に渡って享受できることは非常に価値が高いと思います。



保険料の高さがネックなのですが、得られるメリットの大きさを勘案して今回は思い切って複数棟の保険を35年契約に巻き直す予定です。後は保険会社が35年間倒産しないことを祈るのみです・・・。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター