通貨が暴落したら?

 

ロシア・ルーブルは小康状態を保っていますが、今週半ばの暴落によってロシア人が動揺しているようです。ニュースによると既に市中銀行でルーブルから外貨への両替が制限されているそうです。

 

 

バンク・ホリデー(預金封鎖)にはなっていないですが、市民はかなり警戒しているようで現金を求めて銀行には長蛇の列ができています。しかし、主に並んでいるのは庶民のようです。

 

 

一方の富裕層は、ルーブル安から保有資産の価値を守るために不動産や高級車などを物色しているようで、高級車のポルシェやトヨタ の「レクサス」のスポーツ型多目的車(SUV)が売れています。



今後の大幅値上がりが見込まれる中、クロスオーバーの「カイエン」などポルシェの11月の販売台数は55%急増し、レクサスも同様に63%もの大幅な販売増となったようです。



日本で預金封鎖があったのは戦後間もない頃で、現在とかなり状況が異なります。もちろんロシアともかなり状況が異なりますが、どちらかと言えば日本円が暴落した場合には、ロシアに近い状況が起こりえます。



このように本格的な通貨暴落が始まると、資産価値を維持できる可能性のある不動産や高級品などに買いが集まるようです。庶民は銀行で現金の確保し、富裕層は不動産や高級品を買い集める・・・。



なかなか示唆に富んだ風景ですが、非常事態に際しては覚えておいてもよい教訓なのかもしれません。もちろん、日本でこのような事態が発生しないことを切に祈っています。。。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター