マネタイゼーションの応用

 

先日、学歴のマネタイゼーション(現金化)について考察しましたが、やはり私たちにとって最大の関心事は、いかにしてお金を稼ぐか? だと思います。

 

 

富裕層に到達していない方は、本来なら最も大事なポイントであるキャッシュポイント(お金を生み出す要所、収益源)に対する意識が希薄で、マネタイゼーションできていないケースが非常に多いと思います。

 

 

特に大企業の会社員や高度専門職の方で、このケースに該当する方が多く、非常にもったいないと思っています。彼らは下手に給与所得が平均よりも多いため、問題意識を持つ機会を逸しているのです。

 

 

そして、これは受験競争の悪癖のひとつでもあります。受験競争は決められたルールの中で、限られた時間を最大限有効に使って結果を出すことが求められます。

 

 

いわゆる受験エリートは、このような技術が極めて高くなるので現在の情報化社会に非常にマッチするのですが、残念ながらルールに従いすぎる性格が、「突き抜けた存在」になることを妨げる傾向にあります。

 

 

私の勤める職場の人たちも、このような種類の方が多数派を形成しています。個々の彼らは凄い才能を持っているのですが、ルールに従い過ぎる性格が災いして、「中の上」に留まっている方がほとんどです。

 

 

自分の持っている特技や技術をマネタイゼーションすることに、もっと意識を集中させるべきだと、傍から見ていていつも残念に思っています。しかし、そのようにエラそーに言う私はどうなのでしょうか?

 

 

自分の知識と経験をマネタイゼーションしてブルーオーシャンを謳歌している分野もありますが、全てが成功しているわけではありません。私も、もっと貪欲にマネタイゼーションを追求する必要がありそうです。

 


管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター