実はダメダメだった太陽光発電量・・・

 

先日ご報告した太陽光発電の初回発電量ですが、公称のシュミレーション通りですが、実は想定の2/3程度しか発電されていないことが発覚しました・・・。今回は友人とふたりで2区画の発電所を建設しました。

 

 

そして、友人の発電量と比較したのですが、1日あたりに換算すると私の1.5倍もの発電量を叩き出していたのです。売電開始時期は私が2014.12.17、友人は2015.1.13からなので単純比較はできません。

 

 

しかし、一日換算で1.5倍もの開きがでるのは何かトラブルが発生している可能性が示唆されます。日照条件の良い区画を友人に譲ったのですが、そのことを割り引いても発電量が少な過ぎます。

 

 

もともとソーラーフロンティアが出してくるシュミレーションはかなり控え目です。したがって、1.2~1.3倍の発電量は当たり前なのですが、今回の私のケースでは97%しかありませんでした。

 

 

これだけなら日照条件の悪さで説明できますが、同時期の隣接区画の発電量の2/3しかないのは、他の要因を考える必要があります。さしあたって思いつく原因を列挙してみました。

 

 

  1. 12月後半から1月前半にかけての日照条件
  2. パネルの枚数不足
  3. 接続系のトラブル(パネル - パワーコンディショナー間)
  4. パワーコンディショナーの初期不良
  5. 接続系のトラブル(電力計 - パワーコンディショナー間)

 

 

①は仕方無いし、②は無さそうです。③・④はパワーコンディショナーで発電量が表示されている時点で問題無さそうですが、もう一度電気工事を担当した方に電圧を測ってもらうことにしました。

 

 

今回は比較的問題無くゴールしたと思っていましたが、やはりトラブル(心配?)の種は尽きないようです。パッケージ化された”商品”を購入せずに自力で創り上げる場合は、上手く行かないことが多いです。

 

 

しかし、トラブルが発生しても考えを巡らせて一生懸命対応していると、ほとんどの場合は何とか乗り切れるモノです。上げ膳据え膳のパッケージ化された”商品”を購入しても旨味はありません。


 

今回もちょっとがんばってみようと思います・・・。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    T (火曜日, 27 1月 2015 20:20)

    抑制がかかっているのではないでしょうか?パワコンの稼働履歴をチェックされてみてはどうでしょうか。

  • #2

    zero-rich (水曜日, 28 1月 2015 07:08)

    コメントありがとございます。抑制も考えたのですが、同じトランスを使っている隣接区画の友人と比べて2/3の発電量に留まっているため、その他の要因である可能性が高いという判断です。

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター