LAの音楽ビジネスで成功するには?

 

2015.1.24号の週刊ダイヤモンドの特集記事は先日のブログ内で記載したようにソフトバンク会長の孫正義氏でしたが、これ以外にも興味深い記事があったので、ご報告します。


 




米国のロサンゼルス(LA)は歌手やミュージシャンになることを夢見る若者がやってくる街ですが、テクノロジーが進化した今では、有名スターになることだけが音楽会で成功する道ではないそうです。



名前が表に出なくても音楽会で成功する道が存在するのです。例えば自分で作った曲の著作権を資産として守れば、それが利潤を生む源になります。



しかし、交渉相手のレコード会社はハーバード大学などを卒業したMBAのエリートです。このような人を相手にした交渉の場で自分に不利でない契約を締結するためには経済と法律の知識が必須だそうです。



このような分野の音楽家は、ルックス・若さ・個性よりも作曲の才能のみで勝負することができます。視聴者はテレビ番組内で流れている音楽を作った人の存在など気にしていないからです。



LAの音楽ビジネスで成功している方が主張することは、「自分で考えて、行動できる人だけが勝つ」だそうです。国も分野も全く異なりますが、私もこの方の主張に同意します。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター