太陽光発電施設の見学会を開催!


昨日は、某県に新設した太陽光発電所の見学会を執り行いました。総勢20名近い参加者にお越しいただき本当に感謝です。当日は天気が危ぶまれましたが、さすが南国(?)だけあって太陽に恵まれました。





今回は、36円/kWhの物件で、おそらく最後の駆け込み乗車的なタイミングでした。今回採用したパネルは実発電量No.1のソーラーフロンティア製のCIS系パネルです。



今回の見学会には大勢の家主が参加するとあって、ソーラーフロンティアのグループマネージャーが休日にも関わらず、遠方までお越しいただきました。



15:30分ごろからの見学会だったので、太陽はかなり落ちていましたが、それなりに発電されていることを確認でき、CIS系パネルの品質の良さを改めて確認できました。



自験例はパナソニック製のHITを使用した10kWhの発電設備が2か所ですが、この時間帯(15:30~)での発電量を比較すると、”太陽光発電のフェラーリ”と言われるHITよりも性能が上かもしれません。



今回の案件で投資用太陽光発電から一旦卒業しようと考えています。収益性と税制での旨味が今後は見込めないことが理由ですが、導入費用と電気料金を考えると、そろそろ実需での導入はアリという判断です。



そういう意味では、今回のFITもあながち政策の失敗とまでは言えないと思います。こういうところを見ると、資本主義もなかなか捨てたものではないなと感じました。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター