所有物件の場所を忘れてしまった(笑)


今日は時間があったので、珍しく退去後の貸家を見に行きました。午前11時に退去立ち合いを管理会社がしてくれたので、退去後の部屋の確認に行ったのです。



この物件は約2年前に購入した物件なのですが、改装後2日で入居が決まったので、物件に行く機会がほとんどありませんでした。購入→大規模修繕→リーシングまで含めて約5回ほどしか現場に行っていません。



実はこの物件は私の自宅から徒歩10分ほどの場所にあります。しかし、私がターゲットとするエリアからはやや外れているので、隅々まで熟知しているわけではありません。



約半径1kmのエリアが私の漁場ですが、微妙にその境界から外に出た場所です。今日は買い物ついでに、物件の近くで自動車から降ろしてもらって見に行ったのですが、物件の場所が分かりませんでした・・・。



徒歩10分ほどの距離にある自分の物件の所在地が分からないとは、ちょっとアブナイかもしれません(笑)。このようなことが起こる原因は、所有物件にめったに行かないことが原因です。



今回の物件には購入時から2年近く行っていませんでした。というか、購入から大規模修繕の際に5回ほど行ったきりです。基本的に、私は所有物件を自動運転しています。



つまり、私が行かなくても勝手に物件の運営が回る仕組みを構築しているのです。このような仕組みを作ってしまうと、多少の金銭的なロスはありますが、ほとんど時間を取られることはありません。



私は自分の時間を最優先しています。時給単価を2万円に設定しているので、時給換算でそれ未満の仕事は基本的に外注しているのです。それでも仕組みさえ作ると、きっちり利益を出すことはできます。



もちろん、手間暇かけて丹念な管理をすると多少手残りの利益は多くなりますが、少額の利益を取るために自分の時間を犠牲にすると、トータルでは事業を拡大することができません。



何に重きを置くかですが、私は有意義な人生および手残り現金の極大化に最も価値を見い出しているので、このような資産や事業の「自動運転」を最終目標にしています。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター