週刊誌の情報収集能力を検証する

 

週刊ダイヤモンドの2015年3/7号の特集は、マンション・戸建て 高く売れる家 売れない家でした。ダイヤモンドを始めとする経済誌は毎週ひとつの分野の特集記事を組んでいます。






このような特集記事は非常に興味深いものが多く、特にその分野について全く知らない場合には、容易にその分野のアウトラインを知ることができるため重宝します。



では、週刊誌の特集記事はどの程度正確なのか?」について、週刊ダイヤモンドの2015年3/7号の特集記事であるマンション・戸建て 高く売れる家 売れない家で検証しました。



まず、これらの特集記事の内容ですが、概ね正確である印象です。その分野の実務知識の無い素人編集者のまとめた記事であることを考慮すると、記事の正確さは驚異的なことだと思います。



これは、特集記事を組むにあたって、そのジャンルのオーソリティを取材していることが要因だと思います。おそらく、これらのオーソリティの取材をベースにして記事を書き、チェックも仰いでいるのでしょう。



オーソリティの人選はメディア対策に長けただけの「?」という方も散見しますが、概ね正しい選択をしていると思います。このような取材を通じた内容の記事なので、一定のレベルを保っているのでしょう。



ただし、書かれている記事は正確なのですが、重要度の濃淡は正確とは言えません。枝葉の知識や確立されていない知見であっても、目を引く内容が積極的に採用されている印象です。



また、読者の対象が知識の無い初心者なので、ある程度の知識がある人には物足りない内容です。もちろん、全くの初心者にとっては手軽に新しい分野の取っ掛かりを作ることが可能です。



以上をまとめると、書かれている記事の内容は概ね正しいが、重要度の濃淡はそれほど正確ではない。しかし、全くの初心者が新しい分野の知識を習得するためには有用な手段であると考えます。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター