30年一括借上げの真実?

 

昨日、所属する某家主の会の定期勉強会に出席してきました。勉強会の講師は、30年一括借上げで売上を伸ばしている某ハウスメーカー(D社)に勤務していた家主の方です。

 

 

業界の内実を拝聴したのですが、思っていたほど悪徳商法(失礼!)ではないことが意外でした。この手の一括借上げを武器にしている会社は、売上を立てるためには何でもするイメージだったので・・・。

 

 

それはさておき、人の居ない山奥にでも営業に出かけてマンションやアパートを建築すると思っていたのですが、意外にもD社は入居付けできない地域では建築営業しないそうです。

 

 

D建託や○○パレスはこの限りではないのでしょうが、D社の営業が来るということは、入居付けが全くできない地域ではないということなのでしょう。まぁ、そんなことは調べれば誰でも分かることですが。

 

 

このD社は業界2番手なので、それなりの苦労はあるそうです。世間の人は、条件が同じなら業界No.1の企業を選択します。No.2やNo.3の企業が注文を取るには、安い等の何らかの理由が必要なのです。

 

 

だからと言って原価を割る仕事は取らないそうです。われわれがマンション等を建築する際、ハウスメーカーは原価割れの受注はしないので、いかに建築価格を原価に近付けるかがポイントです。

 

 

このような際に、本体工事と屋外給排水工事や外溝工事を別途工事とすると、別途工事にかかる利益率が控除されるため、その分安くなるとのことです。

 

 

尚、Dハウスのように工場で生産している企業の場合、値引きをしたからといって品質は落ちないそうです。したがって、できるだけ値引き交渉は行うべきでしょう。

 

 

値引き交渉の極意 につづく

 


管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター