時間があれば、どんどん起業しよう!

 

最近、空き時間はもっぱらセミナーの資料作りに励んでいます。5月には関西で専門職向けの資産形成セミナーを、6月には都内で総合商社などの上場企業の高額所得者向けの資産形成セミナーを行います。

 

 

両セミナーとも私の経験に基づく資産形成戦略をお話する予定です。受講者層が異なるので同じ内容というわけにはいかないのですが、それぞれかなりの高額セミナーなので念入りに資料を作り込んでいます。

 

 

6月のセミナーは友人から講演依頼を直接受けたのですが、対象が大企業にお勤めの方なので、資産形成だけではなく起業や副業についても考えをまとめてみました。

 

 

ピケティで話題になった r>g が、現在日本でも本当に当てはまるのなら、いくら高額サラリーを稼いでいても、それだけで超富裕層に到達することは難しいと思います(単なる富裕層なら可)。

 

 

やはり、超富裕層への高い壁を乗り越えるには起業しか無いと思います。しかし、起業での成功率は非常に低いため、独立して起業や開業をするタイミングは慎重に見極める必要があります。

 

 

私が思う最適なタイミングは「仮に起業に失敗しても、今の生活が絶対に破綻することが無い状況」です。この条件さえクリアすれば、どんどん起業するべきだと思います。

 

 

実際に私は給与所得者ではあるものの、キャッシュフローに占める給与所得の割合は1/3程度しかありません。残りの1/3は不動産所得で、その他1/3の部分に初めて、事業所得や配当所得がきます。



給与所得や不動産所得という「磐石」なキャッシュ産生マシーンがあるおかげで、ちょっとした思い付きで「起業」できてしまいます。しかも情報通信革命のおかげで、小遣い程度の金額でも容易に起業できます。

 

 

私の場合、一事業あたりに投入するロットは20~200万円の範囲に収まっています。20万円で起業なんてできるわけないだろう!と言うそこのあなた、考え方が間違っていますよ(笑)。



アイデアと実行力さえあれば、固定費を極限まで絞り込むことで20万円でも十分に起業可能です。起業の敵は ①諦め ②固定費 だと思います。週末起業で十分なので、思い切って起業してみましょう!



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター