効果的なリノベーションの考え方

 

所有物件の空室率の改善や資産性アップを目的として、リノベーションを選択する大家さんが多いです。私もリノベーションを検討したことがありますが、部屋の基本スペックが低いと厳しいことが多いです。

 


例えばリノベーションをするにしても、結局は部屋の広さが最大の魅力となります。つまり、間取りが狭いワンルームマンションなどでは、リノベーションをするにしても限度があるのです。

 

 

また、天井高のある物件は見栄えが良いですが、天井を抜くと温度変化が激しくなり居住性が悪くなります。ただし、RCや鉄骨なら木造ほどには影響は少ないかもしれません。

 

 

リノベーションを行うにあたっての収益性に関しては、リノベーションを売りにしているデザイン会社のプレゼンテーションは感性に訴えることが多いですが、収益性の開示が少ないのが残念です。

 

 

結構高額な費用がかかるケースが多く、借り入れの少ない地主系オーナーだから成り立つ側面もあります。地主系と投資系では最初の立ち位置が異なることが多いので注意が必要でしょう。

 

 

最後にリノベーションの極意ですが、新築マンションに近づけないようにすることがポイントです。いくら費用をかけて新築と張り合っても、新築に勝てる可能性は極めて低いです。

 

 

新築マンションと張り合わずに、別の価値感で勝負します。例えば設備は最小限・素材は本物を使用します。○○風の建材、過剰な設備機器はNGで,古いものもあえて残す潔さがポイントになります。

 

 

使い捨て・短期での更新が前提でない内装、退去時原状回復工事が最小限で済む、年月を経るほど味わいが増す建材などが理想です。分かっていても安価な素材を選択しがちですが、このあたりは考え所でしょう。

 


しかし、最も効果的なリノベーションは室内ではなく、共用部に行うモノです。予算が決まっているのなら共用部に予算の大部分を割き、室内には最低限しかリノベーションしないことが吉だと思います。

 


管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター