株だけでなく不動産もババ抜き

 

物件価格の高騰が続いています。物件価格の高騰は、資産価値の増大やキャピタルゲインを得る絶好のチャンスですが、銀行にとって不動産ファイナンスのババ抜きの側面があります。



我々の立場では、一度物件を売却すればその物件との縁は切れてしまうため、その物件が売却後にどうなろうが知ったことではありません。しかし、売却後も銀行はその物件の融資を行うケースがあるからです。



例えばA銀行で融資を受けていた方が売却した結果、次の方がB銀行からの融資で物件を購入するとします。更にこの方が物件を売却する際には、新しい所有者が再びA銀行で融資を引く可能性があるのです。



実際に私のケースでも、これに近いことがありました。物件に対して融資できる銀行には限りがあるので、このようなことは珍しいことではありません。



そして、物件価格が上昇している時期には、銀行にとっては担保物件は変わらないのに融資金額のみ増大することになります。融資金額の増大分だけ銀行にとってのリスクが増えるのです。



銀行自身もこのリスクは感じているようで、フルローン → 頭金○○円となった場合に銀行融資が絞られる潮目になることがあります。このような時期は、物件価格が天井に近い可能性があり注意が必要です。



管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター