Airbnb って、すごいな!

 

昨日はAirbnbのセミナーに参加してきました。本当はセミナーの前に知り合いの新築マンションお披露目会に参加予定だったのですが、仕事の都合で間に合いませんでした。サラリーマン稼業って窮屈ですね。

 

 

さて、Airbnbとは、2008年にサンフランシスコで創業した、世界中のユニークな宿泊施設をネットや携帯で掲載・発見・予約できるコミュニティー・マーケットプレイスです。

 

 

アパートだけでなく、お城や船なども宿泊することができるサイトです。2015.5.10現在、世界191ヶ国34,000以上の街で、貸す人と借りる人をつないでいます。

 

 

Airbnbは空き部屋を収入に変えることができるので、世界的に爆発的な人気を呼んでいますが、日本では少し遅れて2013年ごろから東京・大阪・京都を中心に広がり始めました。

 

 

インターネットの発達により、従来ではどこにあるか分からなかった需要を探しあてることが可能となったことがAirbnb成功の背景になっています。

 

 

さて、このAirbnbが何故有望な金鉱である可能性があるのかと言うと、需要と供給が極端に乖離しているマーケットが、現在の日本のホテル業界だからです。

 

 

円安によるインバウンドの激増が追い風となって、宿泊施設の不足が大きな問題となってます。少なくとも円安が続く限り、現状の高いレベルのインバウンドが見込めます。

 

 

特に、東京・大阪・京都といった外国人の多いエリアでは、ハイシーズンになればビジネスホテルでさえも予約が難しくなります。5月は気候が良いので、街を歩いていても外国人だらけです。

 

 

とにかく3大都市圏の好立地エリアでは「寝ること」さえできる施設であれば、まさに「入れ食い」の状態です。これが意味するところは、上記エリアの物件を高利回りで取得できるチャンスです。

 

 

従来の賃貸物件しか選択肢が無い状況では、低利回りのため投資としては成立し難いです。しかしAirbnbを利用することで膨大なインバウンドにアクセス可能となれば状況が激変します。

 

 

つまり、多少物件価格が高くても、立地さえ良ければ投資としては充分に成り立つのです。私は好立地(特に住居系)でのインバウンド目的の投資を下記のように分析しました。   

 

 

① 好立地なので物件価格が下落しにくい    

② まだインバウンドの影響が地価に反映されていない

 

 

う~ん、これはやってみない手は無い気がします。善は急げ!なので、今週中にAirbnbのアカウントを作成して、さっそくインバウンド市場に参戦しようと思います。



私のAirbnb参戦計画 につづく

 

 

管理人のブログ

管理人監修マニュアル

タダでマイホームを手に入よう!

築古戸建投資マニュアル

お勧めサイト 

配送無料です!

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター